2011年08月01日

GOOD LUCK, YUKIKAZE

 一週間ほど前に『GOOD LUCK, YUKIKAZE』
(『グッドラック 戦闘妖精・雪風』の英訳)を
買い所々拾い読みしているのですが、英訳の
苦労が伝わって来ます。
 大尉のLt.がCapt.に変更されていたり、さすがに
まずかったのか、プロファクティングするための
コンピューター、MacProが、T-FACProに変更されたり
しています。

 今回よかったのは、前作『YUKIKAZE』の時には
訳されていなかった、目次前のエピグラフが
きちんと訳されていることです。『戦闘妖精・雪風』の
エピグラフは

 妖精を見るには
 妖精の目がいる

でした。日本語の韻を踏み、なおかつ的確に本の内容を
表していたので大好きな句です。俺はこれを、JAMという
機械めいた敵と戦うには、人間でなく、雪風のような
戦闘機械が必要である、と解釈しました。
これが『YUKIKAZE』でどう訳されるのか楽しみだったのですが、
省略されていて残念でした。
 『グッドラック』のエピグラフは

 我は我である

 で、これは解釈にこまるというか、字義通りに
受けとめれば『グッドラック』のテーマはJAMの
分からなさにあるとなってしまいますが、本書のテーマは
覚醒した零が、自分自身を確かめながら戦うという
ようなものなので、本の中で一番印象的な一文を抜き出した、
と思ったほうがよさそうです。
 で、この英訳ですが、

"I am that I am."

です。なるほど、と思いました。こう訳すのか、と。
高校英語的に言えば、
「私は、私がそうであるところのものである」
となるのでしょうか。ともかくこれはいい。

 ところで、単なる予想ですが、
『アンブロークン アロー』は
英訳はされないんじゃないでしょうか。
あまり一般受けする内容じゃないですし。
でも零と雪風の関係を論ずる上では重要な一冊です。
ぜひともこれも英訳で読みたいところ。
ちなみにエピグラフは

 すべては変わりゆく
 だが恐れるな、友よ
 何も失われていない

です。零と雪風の関係、零とその周りの人々との
関係、零の世界を見るその見方は、本作では
前二作とはかなり変化します。零は雪風の感覚を
体験し、それに恐れおののく場面さえ出てきます。
 しかし、雪風は語りかけるのです。雪風は零の
単なる乗機でもなければ、恋人でもない、
戦闘継続のためのパートナーであり、何も心配するな、と。

 もちろん英訳されたら買いますよん。
posted by tricross at 22:15| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

Good Luck, Yukikaze

グッドラックの英訳本の表紙が出てた。
http://ec2.images-amazon.com/images/I/51zDbrFKEiL._SS420_.jpg
まずまず無難な仕上がりでしょう。
ジャムと相対峙する場面が楽しみ。

ここでチラッと読める。
http://www.haikasoru.com/excerpt/good-luck-yukikaze-%E2%80%94-kambayashi/
posted by tricross at 23:01| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

アンブロークン アロー 文庫版

 戦闘妖精・雪風 アンブロークン アローの文庫版を
入手しました。882円。トールサイズということで、どんなに
縦長なのかと思ったら、普通の文庫より5mmほど高いだけだった。
 本文はまだ読んでないのだが、解説だけ読んだら
「魔法少女まどか☆マギカ」に言及されてていきなりぶったまげた。
まあ、「戦闘妖精・雪風」の解説も宇宙戦艦ヤマトの「ゆきかぜ」に
触れていたからおかしくはないのだが、文庫が出たのが放映後
10年たってだから、一定の評価を受けての解説なのだが、
「まどか☆マギカ」は放映中の、しかも評価が定まらないもので、
これから先文庫にずっと解説が載ることを考えると少し疑問に思う。

 グッドラックも英訳されることになったみたいですね。
ただ、題名が「Good Luck, Yukikaze」らしく、なんか変。
邦題名の「グッドラック 戦闘妖精・雪風」は雪風シリーズ
であることを単に示しているだけなので、意味が違うような
気がする。
posted by tricross at 02:35| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

アンブロークン アロー文庫化

アンブロークン アロー 戦闘妖精・雪風 945円
神林 長平(著)
刊行日: 2011/03/10

にしても文庫高くなったなあ。
単純比較できないけど俺の持ってる
「戦闘妖精・雪風」は440円ですよ。
posted by tricross at 00:29| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

スーパーシルフは美しい

http://blogs.yahoo.co.jp/hayapi1969/20788005.html
 旧文庫本の横山宏版雪風ですね。美しいです。
作中双垂直尾翼と書いてあるのは今日主流の二枚の
垂尾(F-15など)のことだと思って読んでいたんですが、
横山さんは上下に垂尾があると解釈して絵を描いていました。
連載終了後に描かれたシルフは下の垂尾が
小さくなっていましたが。
posted by tricross at 23:04| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

Yukikaze買ったー

 後日じっくり読もうかと思ったけれども、耐えきれずに名場面を
拾い読みしています。「強電磁シャワー確認、核爆発だ!」とか
どうなってるのかなーとか。ああ、もう通して読むのがもったいない。
posted by tricross at 01:33| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

YUKIKAZEはどこ?

 紀伊国屋だと1303円だ。最悪こっちで買うかな。
amazon.comからとりよせというのは考えたくない。
posted by tricross at 01:19| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YUKIKAZE konozama

 amazonで09/10/30に注文したペーパーバックの「YUKIKAZE」が
konozamaをくらってしまった・・・。せっかく楽しみにしていたのに。
こんなことなら歯磨き粉でもなんでも買って強引に1500円以上にして
早く注文しておくんだった。
 再入荷はあるかなー。amazon.comから取り寄せかなあ。しょんぼり。
posted by tricross at 01:05| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

雪風

 知らないうちにアマゾンで本の配送料無料キャンペーンをやっていたのでYukikazeを注文。この間アンケートに答えてポイントを500ポイントもらっていたので、900円くらいで買えることに。
 1月が楽しみ。どんな英訳になっているんだろ。
posted by tricross at 00:19| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

放たれた矢

 SFマガジン2009年8月号掲載 戦闘妖精・雪風 第三部
最終話「放たれた矢」を読む。
 FAFの存在する現実を地球の存在する現実へ収束させるため、
雪風はラムエアモードで"通路"を目指す。
 はたして、勝つのは雪風かジャムか。

 第三部、「アンブロークンアロー」が完結・発売されたが、
「グッドラック」が「改」の内容をくつがえしたように、
「アンブロークンアロー」は「改」「グッドラック」の内容を
くつがえす形で進行する。
 零は地球、人類、特殊戦、フライトオフィサ、そして「雪風」という
存在に対して新しい認識を得、そしてジャムに対して宣言する、
「おれは人間だ」と。

 本作は、ジャムに改変させられた人間の思考の流れを雪風が
利用して戦闘継続しているため、いわゆる神林作品に慣れていない、
「改」や「グッドラック」しか読んだことがない人にはかなり違和感を
覚えさせる作品に仕上がっている。
 思考の流れは饒舌で、1979年の「妖精が舞う」からは恐ろしく
進化・深化した文章になっている。
 しかし、ジャムが人類に宣戦布告したように、零が最終的に
雪風という存在を理解する、という流れにおいては一貫した物語に
なっている。
 「改」で完結していたように、そして「改」&「グッドラック」で
完結していたように、零の話は「改」、「グッドラック」&
「アンブロークンアロー」で完結している、と思う。

 余談。2chで第4部はいつになるのか、とか話が出ているが、
オチのつく話の方がSFではむしろ珍しいのではないか。
「神狩り」とか「百億の昼と千億の夜」など、
神(あるいはジャムのような、神に等しいと思わせるような存在)
相手の戦いでは、その正体を知らせて物語りが終わる話はあまり
読んだことがない。

 「アンブロークンアロー」のハードカバー版、カバーを取ると
格好いい絵が見られるそうですね。いいなあ。
posted by tricross at 22:21| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

ありがた迷惑

 うわぁ、Yukikazeが値下げして1500円を割ってる!
1500円以下だと送料無料にならないから、
実質払うお金は多くなるじゃないか!
ひどい話だ・・・。一緒に買うものなんて予定もないし。

 アンブロークンアローのハードカバー版もう発売ですね。
posted by tricross at 20:59| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

アンブロークン・アロー第6回

 SFマガジン6月号、戦闘妖精・雪風「アンブロークン・アロー」
第六回読了。
 次で終わりというのが信じられないな。どういう結末になるのか。
 最終回が載るSFマガジン8月号は6月末発売。

 単行本は7月25日発売予定。これはパスだ。
「グッドラック」のときハードカバーを買ったが持ち運びに
不便でしょうがなかった。文庫本が出るまで待ち。
posted by tricross at 22:50| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

戦闘妖精

fairyは日本語の妖精(変な言い方だ)というより、
妖怪みたいなイメージがあるのかも。
ぬらりひょんとか。
そうするとYukikazeだけにしたのもうなずける。
posted by tricross at 22:39| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

yukikazeの表紙

戦闘妖精・雪風の英訳本の表紙。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/1421532557/sr=8-6/qid=1238314486/ref=dp_image_text_z_0?ie=UTF8&n=52033011&s=english-books&qid=1238314486&sr=8-6

長谷川正治版のスーパーシルフだった。アニメ版でなくてよかった。
でもこれでも原作のイメージと少し違うのだけど。
原作のシルフィードは翼断面形状が自由に可変する、
もっと柔らかいイメージがあるのだけど、
長谷川版はいかにもF-15らしい。

英訳のタイトルが単にYukikazeなのは、
やっぱりCombat Fairyとかに何か変なイメージでもあるのだろうか。
posted by tricross at 23:19| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

アンブロークン・アロー第5回

拍手ありがとうございます。

SFマガジン2009年4月号戦闘妖精雪風・第三部
アンブロークン・アロー第5回を読んだ。
うむ、あのBAX-4(人間が着る装甲服みたいなものの開発タイプ)の挿絵はちと笑った。

続きを読む
posted by tricross at 21:52| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

Yukikaze

戦闘妖精雪風<改>の翻訳本・Yukikaze
出るのは一年後。
忘れないようにメモメモ。

このメモ自体忘れたら意味ないけど、
今から予約しておくのも気が早すぎるし。
posted by tricross at 00:00| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

アンブロークン・アロー

拍手ありがとうございます。

SFマガジン2009年2月号戦闘妖精雪風・第三部
アンブロークン・アロー続き

続きを読む
posted by tricross at 00:40| Comment(0) | 戦闘妖精雪風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。