2012年10月03日

フランチェスカのトーク頻度設定のスクリプト

エンゼル50の絵板で触れられていたのでー。

フランチェスカの場合、例外処理がかなり甘いです。
喋り間隔が計算の結果、負になった場合を考慮
していません。しかも初期設定を180秒だと決め打ちしています。

10秒間隔刻みで設定できます。
------------

*upが押された
$喋り間隔増減量=10
>喋り間隔設定


*downが押された
>喋り間隔表示【タブ】(喋り間隔)==0秒
$喋り間隔増減量=−10
>喋り間隔設定


*喋り間隔設定
$捨て変数=(split,(喋り間隔),秒)
$現在喋り間隔=(S0)
$現在喋り間隔=(現在喋り間隔)+(喋り間隔増減量)
$喋り間隔【タブ】(現在喋り間隔)秒
>喋り間隔表示


*喋り間隔表示
:喋り間隔φ:(喋り間隔)

------------
最後のφはいらないのかな? :の前だったので
なんとなくつけてみました。
同じ動作をさせるにしてもこうまでスクリプトが違う
のは面白いです。もっとも俺がssu.dllの関数を知らない
のも原因の一つですが。
posted by tricross at 21:40| Comment(2) | 伺か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはー!メッセありがとうございます!
矢印キーでトーク頻度変更、というのがすごい分かりやすくてしかも雰囲気壊さないしとてもいいアイディアだと思いました!!
数字をテキストボックスに打ち込むより楽でいいですよね。エラー処理も気にしなくていいので簡単ですし。
わたしもいろんなゴーストに入れたいです^^^

ttp://shell.vs.land.to/sa_to_r/archives/dic_speed.txt
Posted by マキ at 2012年10月04日 20:05
erase! そんな関数もあったのかーとマキさんの
スクリプトを見て初めて気付いたりとか。
他人のスクリプトを見るのは勉強になります!
Posted by 深瀬 at 2012年10月04日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。