2011年07月31日

小松左京さん

 遅きに失した感もありますが改めてお悔やみ申し上げます。
 小松左京さんの本と言えば、幼い頃家に『日本沈没』が
転がっていて、拾い読みしたけど全部は読まなかった
ような気がしますが、3Dディスプレイでの日本地下の
マグマ流シミュレートを行いトンネル効果でエネルギーが
抜けるところの緊迫した場面とか、最後の場面での主人公が
意識も絶え絶えの中「もうすぐハワイか・・・?」とシベリア鉄道で
言う場面が焼き付いています。

 あとSFといえば俺は早川の世界SF全集で育ったので
収録されていた『継ぐのは誰か?』と『果てしなき流れの果てに』は
きちんと読みました。どちらも素晴らしい作品でした。

 『復活の日』はTVで映画を先に見てこれまた本は
まともに読んでないのですが、映画ではアメリカ大陸を
徒歩で北米から南米まで歩き通した場面を長い尺で
映像化していましたが、本ではわずか数行
だったように記憶しています。それで、長い道程だったというのが
伝わってくるのがすごい。

 あと首都消失とかも映画化されましたね。
これは本も映画も見ました。首都東京が突然消えたら日本は
どうなるのか、というシミュレーション小説として面白かったです。

 『虚無回廊』とかまだ読んでみたい本があるんだよなぁ。
『さよならジュピター』については触れまい。
TVで映画を見ましたがCGで木星がふにょふにょしていたことしか
覚えていない。ちなみにフランチェスカの他ゴーストの
切り替え時からのセリフに出てくる惑星をなんで太陽系最大の
惑星である木星にしなかったかというと、
この映画を思い出してしまうからです(「どせい」の
方が濁点で強めの意味もあったけど)。

 長々書いてきたけど、自分がそれを読んで育ってきたという著者が
亡くなっていくというのは悲しいものですね。
 もちろん若い芽が育ってくれればまたそれに超した事はないです
けれども。
posted by tricross at 00:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。