2010年12月01日

マクスウェルのバカ

 マクスウェルの悪魔は生まれつき頭の弱い子でした。
そこでお母さんは一計を案じ、絵本を読み聞かせて
あげました。
 するとどうでしょう。マクスウェルの悪魔は
速い分子と遅い分子を分けはじめたではありませんか。
 ところが、お母さんが絵本を聞かせるのを止めると
とたんにマクスウェルの悪魔は分子を分けるのを
やめてしまいました。
 しかたなしにお母さんはもう一度絵本を開こうとした
のですが、その本はもう真っ白けでしたとさ。
posted by tricross at 21:34| Comment(0) | ナンセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。