2010年07月31日

JASRACの野望

 世界で一番短い曲というのは、1.316秒で、
"You Suffer But Why?"と歌っているそうだが、
「あ」という歌詞を作詞して、曲をクラスターみたいに
全部一気に鳴らす曲というものを作ったらどうだろう。
 そうすると、誰かが「あ」と発音する度に
「JASRACの方から来ました」と言って使用料を徴収できない
だろうか。

 次に「い」という曲を作って・・・とやっていくとどう
なるだろう。みんなが口をつぐみ、ネットから言葉が消え、
『残像に口紅を』状態になるのだろうか。

 まあ、一般名詞は問題にならないだろうから現実的じゃないけど、
中国や台湾ではすでに日本の地名がかってに商標化され、
例えば静岡県のお茶を「静岡産」と表記出来ないなどと
いった問題が生じている。
(日本では地名は確か商標化できないはずだから、例えば
ジョージアというコーヒーをどこかが出しても
いいんじゃないかな? そうでもないのか?)
posted by tricross at 21:26| Comment(0) | ナンセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。