2010年07月11日

万能文化猫

 ハインラインの「夏への扉」は去年(2009年)、新訳が
出ていた
のな。
 俺は早川SF全集で読んだので、当然福島正美訳で読んだのだが、
メイドロボット?みたいなのが「文化女中器」と訳されていたのが
やけに印象的だったのだが(原文ではhired girl、雇い女?)、
新訳では、「おそうじガール」となっているらしい。
もう20年以上前に読んだので、それがロボットみたいなものか、
あるいは今ある自律で能動的に動き回る掃除機みたいなものか、
忘れてしまったが、前者ならフランチェスカの人タイプのシェル、
後者ならWiz★さんの追加シェル「Pal」みたいだなあ、と
ふと思ったのだった。
posted by tricross at 21:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。